獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-202111-138

ペットショップ&ブリーダー悪者論。
投稿日 2015年2月12日(木)11時43分 投稿者 ムクムク 

何度も言うようだが、私はいわゆる動物愛護ではない。
しかし、FB友達の中には動物愛護家の方も少なくないので、そのような方のご意見を自然に読むことになる。
最近に気になるものがある。
ペットショップやブリーダーがなければいいのにとか、ペットショップやブリーダーがなくなればずいぶんよくなるとかいうものである。
どのような文脈で使われるかというわけでなく、絶対的な信念でいきなり飛び出してくるという印象を受けている。
ですので、どういう意味かよくわからないというのが本当のところであるが、ペットショップやブリーダーの中には管理の悪いところもあるというわけでもないようである。
絶対的にペットショップやブリーダーの存在が許せないという印象を書き込みから私は受けている。
その理由がよく理解していないで意見を書くのもどうかと思うが、考えるところを書いてみます。
私は開業獣医師である。
犬の飼い主さんの7-8割はペットショップやブリーダーからの入手していると感じています。 いやそれ以上かもしれない。
猫の飼い主さんは、1割以下の人がペットショップやブリーダーから入手していると感じています。
もし、ペットショップやブリーダーが動物愛護家に問題になるような存在であるのなら、動物愛護の問題は犬に偏り、猫は少ないはずであるが、そんなことはない。
猫でも問題は多発している。
また、ペットショップやブリーダーの営業を禁止しても、動物を欲しい人は闇で動物を入手したり、海外まで行って動物を入手してくるだろうから、私は何も変わるようにも思えない。
歴史的にはアメリカの禁酒法案で、表向き酒屋がなくなったが、ギャングが酒の流通で大もうけをしたのと同様で、欲しい人(需要)があるのに供給を禁止しても、何の意味も無い。
極端な話、犬が欲しい人が、保健所やシェルターからすべて入手するようになったとしても、問題は起こり続けるだろうと私は考えている。
動物を欲しい人の入手先が変わっただけである。
そんなこと、気にしなくていいじゃないかと思われかもしれないが、私は気にかかる。
だれかを悪者にして、信者を増やすのが実はカルトの手口だからである。
実際、オウムは日本にも支部がある秘密結社を諸悪の根源のように言っていた。
ある動物愛護団体の代表は何かというとペットショップやブリーダーを諸悪の根源のように言い、信者を納得させている例を知っている。
考えすぎかもしれないが、ペットショップやブリーダーを絶対的な悪者に仕立てる陰には、怖いものが潜んでいるようで、最近気になって仕方が無い。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。