獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-202111-18

re:3月11日なのだけれど
投稿日 2013年3月12日(火)12時24分 投稿者 sumire

昨日は、たまたま私用があって都内に出かけていました。
住宅密集地を走るローカル(?)な電車の窓越しに見える街並みを見ながら”もし?今、何かあれは自宅時戻る事は出来ないだろう。”思いました。
愛玩動物は基本、ライフラインが止まっても生きて行く事は出来ます。(特別、冷暖房や酸素の管理が必要な場合は別として、、)
でも、家族が誰も帰って来なければ、フードや水の買い置きがあっても、自分で戸棚をあけて、袋を開けて食べる事が出来ません。

先日、ペットの防災関係のセミナーへ行きました。
東京近郊で、地震が起これば、神戸型の火災が起きるだろうと、30代方がおっしゃっていましたけど、そこまでしか記憶(想像力?)がさかのぼれないようでした。
同伴避難が、言われています。しかし、人口密集地の中には、ないないに避難所はペット禁止、と、決まっている所もあるそうです。
ペットどころか、人間も、避難所の定員に対して人口が多すぎて入れない、もし、本当に避難所が役立つ時が来たら、子供やお年寄りが優先になるだろうと、、、。

セミナーのデジメに、↓のコピーがありました。
”獣医学部会便り 70号 2013.2”
特別寄稿 3・11 あの日、そして今 第3回 避難所における飼い主と動物達

東北の被災地をペット防災の立場から、視察してきた講師の方は、口々に伝えてほしいと言われた事は”忘れないで欲しい”だ、そうです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。