獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-202111-55

Re:−質問− 開業していない獣医師が動物愛護団体などに原価で薬を処方できるか?
投稿日 2014年3月13日(木)10時40分 投稿者 プロキオン

誌面への掲載というか、回答が本年の3月5日とありますから、つい最近のお話ということになるのでしょうか?

所謂フィラリア予防薬の違法な販売というのは、幾たびか摘発があって、同じ県の出身者が都内のマンションの一室を事務所にして摘発されたりとか、このお話のように某県の県職員が内職で販売していて逮捕されたりとかがあります。
中には、ひどい例があって、薬屋さんの従業員が動物薬の販売免許をとらずに販売していて摘発という事例もあります。これはヤフーニュースにも載りましたね。

しかしながら、違法な販売というのを告発しても個人では、まず警察が相手にしれくれません。獣医師会を通してまとまった人数で告発しても、なかなか受理してくれませんし、検察が不起訴にしてしまうことが多いようです。
曰く、「被害者が存在しない」という理由だそうです。被害者が存在しないなどということはないのですが、それだけ立件に手間暇がかかるので起訴したくないというのが本音なのではないかと思います。
それでも、日小獣を中心に告発が続けられていると、摘発に結びつくことが少しずつふえてきているのだそうです。

このお話の獣医師も、脅されて継続してきたようなのですが、誌上やネットで相談などということではなく、まっさきに地元の獣医師に事情をうちあけて助けを求めるべきでしたね。そうすれば、逮捕も起訴もないように考えられますし、脅迫してきた愛護団体にしても自分達の「脅迫」という事実の方がクローズアップされてしまうので、何もできなくなったのではないかと思います。
おそらく公務員であるという立場から自分自身を縛ってしまい、内密に内密にと考えるあまり、何もできなくなって、かえってズルズルとこんなことを続けてきてしまったのでしょう。相手はそこにつけ込んできているのですから、そこはわかっていないとならないですね。
まったく、何年そんなことを続けてきたのでしょうか…。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。