獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板過去発言No.6000-202111-80

シェルターのパルボ対策
投稿日 2014年7月13日(日)15時58分 投稿者 ムクムク 

シェルターにおける猫汎白血球減少症(パルボウイルス)対策について私なりにまとめてみました。
病気の概要は「子猫のへや」にうまくまとめられています。
http://www.konekono-heya.com/byouki/infection/parvo.html

猫汎白血球減少症(パルボウイルス)は心筋型と腸炎型があるが、心筋型は突然死するので医療的な対処は困難であるが、通常問題になるのは腸炎型である。
通常2〜12日間の潜伏期間がある。
シェルターなどの多頭飼育施設で、新規の猫を導入する際は潜伏期の期間、可能であるなら施設外の隔離施設か施設内の隔離施設で、発症の有無をチェックして後に先からの動物と合流させるべきである。
いきなり合流させれば、運がよければ発症しないかもしれないし、運が悪ければ、先からの猫も含めて感染する状況になる。
隔離期間は、必ず設けるべきで有り、隔離施設では履き物や白衣を替える、入退出時には消毒を心がけるなどが必要であろう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。