獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199902-42

ポメ好きさんへ
投稿日 1998年12月28日(月)16時22分 ふうか

ふうかです。(またの名をぷうかといいます)私は 畜産学部を卒業後、テクニシャンとして働き8年目をむかえます。その年月のなかで様々な苦労もしてきたと思っております。もちろん 獣医師とテクニシャンの役割分担などは 心得ておりますし、そのようにしてきました。テクニシャンは獣医師が1を言ったら10をこなさなければならないと考えます。そのために、獣医師と同じだけの知識や技術があってもいいわけで、それを独断で使うことはもちろんありえないこととしても、テクニシャンがやってもよい範囲はあるのではないでしょうか。(ここが問題ですが・・・)できたら 最終責任は私がとるから!という大きな器の院長であってほしい、またそういう信頼関係をきずけるチームであるのが 理想です。ただ、テクニシャンは人間の看護婦のような資格制度がもうけられていませんのでそのあいまいさが、獣医師とテクニシャンの間に問題となることもあるでしょう。結局のところ、その病院の院長の考え方しだいですよね。ですから 院長クラスの方々に望むことは 代診の先生をはじめ テクニシャンの意識を含めた向上を支えてほしいのです。私自身の考えですが、テクニシャンとは、飼い主さんと 動物と 獣医師の三角形の真ん中にたてるすばらしい職業だと考えております。おおげさにいえば 難しいことをならべる獣医さんと患者さんの仲をとりもっている役割では?  私は いち飼い主でもあります。すべてをゆだねる獣医師が動物好きでなかったら私はその病院には行きません。どんなにすばらしい技術をもっていても その子の苦痛を(病気ではなく)心配してくれる獣医師を望みます。長年この仕事をしていてもそれだけは 変わりませんね。ですから きっと飼い主さんもそう思うのではないでしょうか?なにはともあれ この業界の人間の基本ってなに?と考える今日この頃です・・・

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。