獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199910-26

仕事の範囲
投稿日 1999年9月7日(火)22時12分 ちひあ

保定は当然、注射も獣医の監督のもとであれば当然、手術は基本的には
助手として、もっと経験を積んだら縫合くらいは・・・とうちの院長は
申しております。
が、注射やチュービングはともかく、手術の縫合とかはどうかな?と
個人的には思っています。
うちの院長は万が一AHTしかいない時(院長の往診時や他の子の手術中)に
急患で生死を争う子が運ばれてきたとき、AHTだけでも応急処置が出来る
位のレベルを目指して欲しいといっています。
AHTの仕事ってその病院によってずいぶんバラつきがあるので、どこまでが
範囲って一言では言えないと思うのですが、法的には単独での医療行為というのは
認められてないはずですし、監督として獣医がそばについていれば良いというもの
でもないと思うのですが。どうなのでしょうか?
AHTの位置付けが明確でない現在、愚問といえば愚問かもしれませんが・・・。

ちなみにわたしのお給料は時給750円のパート扱い(福利厚生一切ナシ)です。
決して良い雇用条件ではないですし、ダンナの給料がなければ、一人でも生活
できないレベルですよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。