獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-199910-30

わたしが気をつけていること
投稿日 1999年9月9日(木)09時57分 ちひあ

とにかく消毒には気をつけています。
いまの所パルボなどの強力なウィルスにはお目にかかっていませんが、いつ
そういった場面に出会うとも限りません。
うちではAHTが2人いるときは、獣医と1人のAHTが患畜に直接触れる仕事をし、
もう一人は受け付け、薬品の準備など動物には直接触れない仕事をしています。
これはやたらに院内をさわり、ウィルスを撒き散らさないようにする注意です。
で、1匹終わるごとに必ず手洗いです。
そして、ウィルス性の病気、寄生虫など容易く伝染する病気の子が来た時は、
病院の床をそれぞれにあった消毒薬で消毒してます。あと靴の裏も。
半分は気休めかもしれません。だって、ウィルスだって、虫卵だって目に見えません
から。
あとは自宅へ帰る前の徹底的な手洗い。夏場など半そでで働いたときなどは
肘の上まできちんと洗います。制服は持って帰らない。
私達の病院のある地域はわりと混合ワクチンについての認知が高いらしく、
ほとんどの飼い主さんが接種してます。だからそれほどウィルス感染が疑われる
子はいないんですけどね。比較的多いのはやはりネコちゃんですかねぇ。野良ちゃんが
多いから。
あまり参考にならないかも知れませんが、わたしはこんなところです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ホームドクター・専門診療・救急:神奈川最大級のプリモ動物病院グループ様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。