獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200105-5

疲れ果てています
投稿日 2001年5月2日(水)18時53分 シッポナ

初めて投稿します。私は十数年続けてきたAHTという職業にピリオドを打とうかと悩んでいるところです。
なぜ、辞めようと思っているか。それは獣医師との意見が合わなくなってしまったからです。
動物や飼い主さんに対する接し方、考え方、治療方針、いろいろなことがかみ合わなくなりました。

去年の暮れから今年に掛けて、納得のいかない治療が続き、いい加減爆発しました。
同じ子に対するオペのやり直し(もちろん病院側のミスが原因です)
オペが必要な動物を内服を持たせ帰してしまい、数日後グッタリして来院。緊急オペをするも間にあわず。
診たこともない症例を、さも知っているかのように引き受けてしまい、手に負えず、見捨ててしまう。
私がどこまで出しゃばれるか、何度となく「大きな病院で診てもらえば必ず助かりますから」と飼い主さんに
電話を掛けようと思ったことか。
獣医師ともぶつかり、納得のいくように話し合いをしようと努力もしましたが、話し合いの末には
「みんなが大きな病院に行くなら、こんな町医者なんていらないんだよ」と言われてしまいます。

大きな腫瘍をぶら下げて来院された飼い主さんに「悪性の腫瘍で、癌ですね」と言うと、
「犬猫にも癌なんてあるんだ、へぇ〜」と感心される方は未だ少なくありません。
ウチでは治してあげられないけれど、大きな病院で診てもらえば治してあげられるかも知れない、
治せなくても少しでも長く生きられるかも知れない。そう私が思っていても、伝えられずにいます。
「先生に紹介してもらった大きな病院に行ったけど、高い治療費ばっかり掛かって死んじゃったよ」と
言われるのが落ちだから、紹介するのがイヤなんだそうです。その考え方はよく分かりません。
ウチの病院ではここまでが限界、大きな病院に行けばもしかしたら助かるかも知れない。
でも、助からないかも知れない。ちゃんと、飼い主さんが納得のいく説明をしてあげられないのも情けないです。
高い治療費を払ってでも助けてあげたいと思う飼い主さんはたくさん居ると思います。もちろん私もその1人です。
たかが犬猫にそこまで出来ないよ、と仰る飼い主さんには、ウチの病院での限界を分かってもらい、
その上で治療していくのなら、私としても胸が痛まず、限界まで努力できます。
でも、最期には「こんなことになるとは思っていなかった」と裏切られたと言うような気持ちをぶつけられます。
申し訳ない気持ちでいっぱいになります。でも、私にはどうしてあげられたのか、どうすべきだったのか、
考えが浮かびません。所詮、雇われの身なんです。獣医師より出しゃばってはいけない。

こんな病院でも頼ってきてくれる飼い主さんはいっぱいいます。その方達には申し訳なく、顔を見れなくなっています。
この先、このままの状態で続けて行かれるとは思いません。では、どうすればいいのか?何も良い案が浮かんできません。

何か、解決方法になるようなお考えをお持ちの方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。
こんな精神状態の飼い主では、ウチの子達も可哀想になってきます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。