獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-23

はなさんへ
投稿日 2001年11月19日(月)18時22分 青衣の天使

レスありがとうございます♪

もし給料のことを気にしているのなら長く続かなかったでしょうね(笑)
専門学校時代から、動物業界がお給料の少ない事は十分理解していましたし
訓練所で住み込み修行していた時代は1ヶ月2万円でしたから・・・
無頓着だったかも・・・(^^ゞ

うちの病院は以前にも書きましたが、365日診療しています。
夜間も急患は対応しています。
私が患者の立場なら、これほど有難い病院はないでしょう。
診療内容もこの辺りでは充実した病院だと思います。
院長の専門は整形外科で、月に2回大学病院の先生の腫瘍科特別診察があります。
今月末にはCTも入り、より高度な診療が可能となります。
転院してくる患者さんの中には、(・・?) エッって思うような患者さんが居ます。
PYOなのにオペが何日も先(ゴールデンウィークの関係もあって)の為に体調が悪いと
うちに転院してきた患者さんが居ました。
PYOと分かれば、うちでは緊急扱いです。大抵は即日オペで、体調によっては点滴入院で回復した時点でオペします。
FUSなのに排尿処置してもらえないという方も居ました。
高度な医療はともかく、ちゃんとした医療をしている病院でないと・・・
その点でうちの病院はこの辺りでは良いと感じているのが続いてる理由でしょうか。

ただ、それだけに・・・
スタッフに対する対応の差が疑問になります。
患者さん第一過ぎて、スタッフの事が蔑ろなんです。
スタッフの不満が大きいと、患者に対する対応もイマイチになると思うのですが・・・
現在、私自身が左手指間の腫瘤切除オペをしたので休暇中なのですが、
その休みを貰うのも大変でした。
医者に絶対安静と言われ、事務長にその旨伝えたのですが・・・
医者は理想論を言うから、と出勤してくれないと困る状態でした。
人手が無いと困るのは分かるのですが、片手が使えない状態で、逆に危険になる可能性もあると思うのですが・・・
事務長は人数の事しか頭になかったんでしょうね。

うちの病院は婦長なる存在は居ませんが
私と同期の子が1番古株で、オペ部門の担当をしています。
同期の子が電車通勤なので、私は遅出出勤がほとんど。夜の最終見回りが私の任務となっています。
辞めるとなると、簡単にはいかないだろうなぁ〜σ(^◇^;)

今まではあまり気になりませんでしたが
この年になると、転職するにはギリギリの年齢。
実家暮らしなので給料は気にしてませんでしたが、そろそろ・・・
この休暇で色々考えています。
ずっと続けていくには決して良い条件とは言えないから・・・

さて、給料ですが・・・
バイト時代は現金支給で明細もなかったので、時給など不明です。
社員1年目は振込みなので金額はわかりますが、明細がなかったので詳細はわかりません。
1年間は残業代0円で、手取りで毎月147658円(遅刻や欠勤の場合は−)
2年目の途中から明細を貰ったのでその内容は以下の通りです。
基本給 130000円
資格手当 15000円
皆勤手当 30000円(遅刻があると0円欠勤・早退1日は半額)
交通費   5000円
時間外手当 1時間いくらか不明(なぜか割り切れないから)残業分です

引かれる分(保険など)

健康保険  7225円
厚生年金 14747円
雇用保険   590円
源泉所得税 6230円

3年目

基本給 135000円 (5000円UP)
特別手当 20000円

資格手当、交通費、時間外手当、皆勤手当は変動なし

健康保険  9350円
厚生年金 19085円
源泉所得税 7470円

雇用保険は変動なし

雇用保険は基本給を基準に金額が決まるので、そんなに多額ではないと思いますよ。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。