獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-39

訂正です・・・
投稿日 2001年12月21日(金)17時29分 みけ

>私の知る限り獣医師を断念して看護士に・・という人を知りません。
この書き方じゃ誤解を受けますね?ただ単に私個人の知り合い(看護士)
に「居なかった」というだけの話です。

ミケさんの様に、実際に獣医学部を受験された方もいらっしゃるんですね。
ただ、看護士の仕事をしていて「今思えば獣医師になればよかった」と言うのと
「実際に受験」されていたのでは少し事情が違うように思います。
姫さんの言われる通り動物の病気を「治療」したい!と言う気持ちがあれば
この先看護士としては「キツイ」かも?ですね?姫さんの感じられたジレンマ
見たいな気持ちは看護士として年数を積み重ねれば重ねるほど何処かに
燻ってくるんですよね(多かれ少なかれ)。。。
でも私は獣医師になっていればとは考えていないんですよ。
先生ではできない事もそれはそれはたくさん看護士に有って
(愛情た〜ぷりの看護、隅々まで気を配って励ましてあげたり。)
そしてこれからは「カウンセラー的な役割」「しつけインストラクター」
など専門的な知識をつけて実際活躍できる場が増えてくると思うんです。

それからこれは冗談ですけど・・・怪我して痛い部分に処置したり
注射したりと、痛い思いさせるのは「先生」!「私」じゃないよ〜〜って
語りかけたりね・・・

だから大事なのは姫さん、ミケさんのお話に有るように
動物とどう接する仕事がしたいのか?ってことですよね?
獣医師志望の壁が学力であるなら今は猛烈に頑張るしかない。
獣医師になりたかったのに看護士じゃ違いすぎる・・・
シビアな話、収入も看護士ならキツイですよ〜〜〜・・・

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。