獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-41

年齢
投稿日 2001年12月26日(水)09時55分 姫

ももこさん、こんにちは。

一応現役AHTの時、人事も少し携わっていたので
その時の感想と、経験をちょっとですがお話します。

ももこさんが聞いてきた通り、病院側はどうしても若い子に
採用の目が行ってしまいます。
その理由は、歳が・・・というより、
どこの職場でもそうなのですが結婚適齢期(25〜29歳)の
子を雇うと、ちょうど慣れた頃結婚してしまう人が多いんです。
もちろん、既婚者も採用対象になるのは難しいです。
でも、結婚したって出来るじゃん!て思いますよね?
もちろん、出来ない事はありません。現に頑張っている人もたくさん
いらっしゃいます。
ただ、はっきりいってこの仕事は、体力気力勝負です。
残業も当たり前ですし、家事と両方では続かない人が多いです。
その上結婚したら、妊娠するのも自然でしょう。
でも、そこで急に辞められると病院側はキツイんです。
また、最初から雇いなおして一から教えなくてはならないし、
それが夏の1番忙しい時期になってしまったりすると
本当に、病院側は痛いです。

そんな理由が1つにあったりして出来れば
「若い人を・・・」という感じになってしまうのだと思います。
あと、体力的にも、同じ条件の人がいれば
若い方を選んでしまうでしょう。

でも、私の採用基準は「礼儀のある人」「本当にやる気のある人」
「最低の一般常識を持っている人」でした。
院長も同じです。資格の有無、専門学校を出た出ないは
関係ありませんでした。
ですから、これからどうやってこの仕事を続けていくべきか、
自分ならどこまで出来るか、本当にこの仕事をしたいのか、
よーく見極めて、熱意を持って病院に当たってみてください。
絶対理解していただける先生はいるはずです。

私も、出来ればももこさんのような「本当にやりたい!」という方を
採用するのが正解だと思っています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。