獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200201-49

安楽死が決まっている子がいます
投稿日 2002年1月26日(土)22時45分 シッポナ

相談させてください。みなさんの病院では、こうゆう経験ありませんか?
エサだけ食べに来ていた野良猫さんが庭でうずくまっていたそうです。
事故にあったらしく片足はブラブラ、自分で歩くことができませんでした。
そのお家の方が見つけてすぐ病院に連れてきました。検査の結果、左大腿骨骨折、骨盤骨折、事故のショックで肝障害が起きていました。
しかしさすが野良猫さん、そんな状態でも次の日にはエサをバクバク食べてくれました。
オペをして骨をつないであげれば・・・と、連れてきた方に説明したところ、ストップが掛かりました。
「治ったら誰が面倒見るんでしょうか?」「治療費は誰が払うんでしょうか?」と・・・
その方はエサをあげているだけであって飼っているわけではないので、入院・手術・治療に掛かる費用は払えない!と言います。
そして退院しても家で面倒見ることはできないと言います。
「じゃぁ、どうされるおつもりですか?」と聞くと、「安楽死はできないでしょうか?」と言われました。
「看護婦さんが飼ってくれます?」とも言いました。「ウチは無理なんだよね、お金もないし、無理無理・・・」って。
野良猫さんは「こんなおいしいエサ食べたことな〜い」と嬉しそうに平らげます。
撫でてあげるとゴロゴロ言って、仰向けにゴロニャンして可愛いポーズをとっています。
先生とその方の話し合いの結果、手術はせずに、今日の分までの治療費を精算して安楽死が決まりました。
夕方のご飯をあげながら、涙がこぼれてきました。私に何ができるんだろう・・・・
お金はもらわなくてもオペをして骨をつないであげることはできる、でもその後は?
みなさんの病院では、このような経験ありませんか?
事故に遭いグッタリしている子を可哀想に思い連れてくる方はたくさんいます。
しかしほとんどの方が「通りかかっただけだから」「面倒見れない」「お金は出せない」と言います。
そんなとき、どうしているんでしょうか?
私の家にも病院にも、病院の横に捨てられていた子や事故で保護され置いてきぼりの子がたくさんあふれています。
あふれすぎて、1匹1匹に愛情を掛けてあげられず、ただ暮らしているだけの状態になってしまいます。
それでも・・・・生きているだけで充分なんでしょうか?
これ以上は・・・・と言う思いも正直あります。
混乱して長くなってしまいましたが、同じ様な経験のある方がいらっしゃいましたら、お話を聞かせていただけると嬉しいです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。