獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板過去発言No.7000-200306-36

きのこさんへ
投稿日 2002年12月23日(月)14時41分 かりんと

はじめまして
私は看護士暦4年目のかりんとです。
きのこさんの院長の言ってる保定法
うちの病院でもよく使います。
私も学校では習わなかった技ですね。
保定は人によって違うしその子によって違う。
先生によって違うし。
皆さんが言うようにその子に合った保定ができればいいわけです。
人差し指で躯血するやり方は
うちの病院ではダックスやコーギーなど足の短い子に使います。
親指で躯血するとどうしても治療する側の手に自分の手があたってしまい
やりにくいそうです。
私もこの技を使いこなすのには時間がかかりました。
また先生によっても違うから難しいところです。
いろいろな保定法があって新人の看護士さんや学生さんが悩むところですが
みんなそういう辛い思いをしてきたと思います。私もそうでした。
私も「ばかやろう。もう帰れ!!」って何度も怒鳴られました。
でもなんとかこうして看護士として4年、働いています。
今ではガウ犬、シャ−猫など、なんでも保定は任されるようになりました。
もちろん、怪我は何度もありました。けど。
経験もそうだけどやっぱりその子に合った保定を常に考えました。
基本は学校などで教えられるけど
臨床に出ると違うことが多い。
保定だけじゃなくて検査の仕方などもそうですね。
だから「学校で何を習ってきたのだ!」と怒られても
こんな保定法もあるんだと思って次にできるようにしたらいいんじゃないでしょうか。
これでいいっていうことはないから。
一生懸命頑張っていれば、きのこさんの院長先生だって分かってくれますよ。
院長に「帰れ」と言われた時はめちゃ悔しかったけど
いつかは院長を見返してやると心に決めて頑張ってますよ。
ちょっと説教じみてしまいました。
ごめんなさい。
では、きのこさん、頑張ってくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。