獣医師広報板ニュース

トリマー掲示板過去発言No.7100-200207-26

粉のお薬
投稿日 2002年7月7日(日)12時55分 わんこ

私の家の愛犬は、朝夕の2回のお薬を飲まなければいけません。錠剤のほうが良いと思っていたのですが、ご飯に混ぜても、それだけは残してしまうか、口に入っても吐き出してしまうという状況でした。私がお薬を吐き出すと注意するので、おなかがすいても警戒して、ご飯を恐る恐る食べるといった感じでした。病気のため、病院食を食べていますし、量もかなり少ないので、これ以上、食べ物の負担をかけるわけにはいかないと思っていました。無理やり口の中に入れてみたり、何かに包んで与えたりと苦労しましたが、1日2回で一生続くお薬なので、彼の苦痛を考えると、不憫でした。先生に相談すると、粉薬を試してくれました。方法は、犬の口を閉じ、マズルをしっかりもって、犬の顔を45度くらい上に上げます。それから、口角をひっぱりそこから、粉薬を入れ、クチュクチュと唾液と混ぜます。この方法は、シーズーやパグなど、短吻種の子には向きませんが、意外と簡単に飲ませることができますよ。うちの子は、少し甘いお薬なので助かっています。うちの子はウーロン茶が大好きなんですが、先生の了解をとって、お薬の後だけ、ウーロン茶をお皿に少し与えています。これを我慢したらウーロン茶だ!!と思ってくれているようです。「お薬の時間です」というとちゃんときてくれるようになりました。一生薬を服用しなければならない子の場合、薬は大変なことなので、もし、困っていらっしゃる方、一度お試しください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ホームドクター・専門診療・救急:神奈川最大級のプリモ動物病院グループ様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。