獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199803-72

白内障
投稿日 1998年3月22日(日)21時46分 masami

こんばんは、masamiです。
先日、ご相談させていただいたデグーの目についてですが、診察して頂ける先生が見つかりましたので、本日診て頂きました。
結果はやはり白内障でした。
角膜自体には何も問題はないと言われました。
ただ、先天性なのか、最近なったものかは分からないそうです。
犬の白内障については、研究が進んでいるけども、デグーに適用出来るかどうか分からないと言われましたが、まずは点眼で治療することになりました。
進行しているようなら無理かもしれないので、そうなると手術しかないでしょうとのお話でした。
しかし、デグーのような小さな生き物に手術というのは、かなり体に負担がかかると思うんです。
今のところ、何処かにぶつかるというようなこともなく、生活している3階建のケージの中でも、スイスイと移動しています。
何かを見る時も、正面を向いて見ているようなので、それなりに見えているのか?とも思っています。
治るものなら治してあげたいとは思うのですが、放っておいても問題はないのでしょうか?
また、こういう小さな動物の手術というのは可能なのでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。