獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199803-89

フェレットのワクチンについて補足
投稿日 1998年3月26日(木)20時56分 プロキオン

3月23日の城戸先生へのリプライの補足です。

本日、落書き帳の方を見るまで20日の城戸先生の書き込みが誰宛か知りませ
んでしたので、気を悪くされた方がいるかもしれません。お詫び申し上げます。

「ドヒバック」はフェレットに対して、決して危険なワクチンではありません。
現在アメリカで最も安全と言われている「フロムD」と同じフロム株を使用し
て製造されています。ジステンパーについていえば、まったく同じものです。
逆にフェレット用に認可されている「フェルバック」の方が副作用の報告が多
いようです。某動物園の獣医師に聞いた話ですが、ヨーロッパで使用されてい
るフェレット用の不活化ワクチンではジステンパーの感染を防ぐことはできな
いそうです。
「フロムD]も「ドヒバック」も犬用に製造されていることは事実です、した
がって飼い主と獣医師との双方の了解のもとでなければ、使用するべきではな
いでしょう。
しかしながら、フェレットをジステンパーに感染させてしまうようなものでし
たら、我々獣医師は頼まれても接種はしないでしょう。
また、あえて、副作用報告の多いワクチンを接種する必要もないと思います。

この辺の事情はエキゾチックペット関係のホームページでも、問題の先生以外
の先生方の著書でも眼を通していただければ、理解していただけると思います。
私がウソを言っているわけでもありませんし、ましてや、共立商事の回し者で
もありません。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2021 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。