獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-10

RE:皮膚筋炎
投稿日 1999年1月5日(火)10時50分 SHOW

shanacさん。始めまして。
早速ですが、皮膚筋炎のシェルティーを飼っているとの事。
日本で皮膚筋炎のシェルティーの学会報告があったのが今から約4年前。
我が家の犬が最初です。
うちの犬(シェルティー)は現在薬に依る治療は行っていません。
そもそも、皮膚筋炎という病気自体は『家族せい』のもの(遺伝病)であり、人間で言えば『膠原病』のような自己免疫疾患であると考えられています。
しかも、常染色体優性遺伝(性別に関係なく、子どもの半分に症状が出る)らしいので、shanacさんの飼われている仔の同胎及び系統の仔は発症している確立が高いので調べてみてはどうでしょう?
この病気は自己治癒型や悪化するタイプがあるので、絶対に治るとか治らないとかとは言えないのです。
実際、我が家の犬たちは発症から4年経つ仔も、今年8歳になる仔も元気で居ます。
shanacさんの犬がどの程度の症状なのか分かりませんが、筋肉の萎縮が見られず食事も自分で出来るのなら皮膚症状は諦めた方が良いのかも知れません。
もし宜しければ、画像等を送ってもらえれば有り難いのですが……
学会レポート等、持ってますのでもし興味があれば送らせて頂きます。
また、今後の繁殖の為にもshanacさんの犬の系統を教えて頂きたいのですが?
http://www2.mwnet.or.jp/~syndrome/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。