獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-9

病院の対応について−例示−
投稿日 1999年1月5日(火)08時50分 トドの親

hanaさん、お疲れでしょうね。
でも、ワンちゃんは一応、落ち着いたのでしょうか。心配です。
検査については、あまりいろいろな病院にいったことがないので、
何とも言えません。
診察料についてですが、人間が健康保険なしで
払うことを考えれば、ある程度は許容範囲かなと思います。
たとえば、5千円支払ったとして、人間の、3割負担でしたら、
1 500円です。
手間暇は、人間と同じか、それ以上だと思いますので。
私の猫のかかっている病院では、触診だけですと525円です。(消費税込み) これは、私自身も安すぎると思っています。(これは、正月休み中に電話してから行っても同じでした。)
おそらく、院長先生の方針で、必要以上のことはやらない方針なのではないか、
と思っています。患者側としても、私は、それで不満はありません。
人それぞれですので、連れていったのに、検査もせずに、
ちょっと触っただけで、帰した、と不信をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。
その医院では、待っている間に、心臓発作を起こして、
急遽、診察室で、マッサージ等を施されるも、亡くなってしまった
犬がいました。飼い主さんの話では、やはり、老犬で
その日も、単に定期検診のために来ただけだったといいます。
その医院は複数のお医者様とアシスタントの方がいらっしゃるので、通常の診察と平行して救急処置ができたと思われますが、
個人医院では、難しいかなと思います。
ひとつ、気になったのは、連れて行かれた病院はかかりつけでは
なかったのではないか、ということです。
人間でも、救急で運ばれても、まず、検査から始まります。
1時間待たされたというのが、ほかに、急患や、オペがあったから、
とか、まだ、年始休み中だったから準備に手間取ったということも考えられます。
前にも、書き込みしましたが、人間同様、ペットにも
かかりつけの病院を見つけてください。
特に年を取っている場合は、夜間、休日の対応も可能なところが望ましいです。たとえ違う病院でも先生が許可してくだされば、
常日頃いっている病院の方のカルテをコピーさせてもらっておく
などの対応も考えられるのではないかと思います。
言葉で、どこが、どういう風にいつから、具合が悪いのか、
飼い主でさえ、説明できないような状況になった場合では、
たとえ、プロの、獣医たれども、簡単には処置できないと思います。
厳しいことを申し上げたと思いますが、
15歳のワンちゃんが元気でいらっしゃることを願います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。