獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-101

自分の目で確かめるしかないでしょう
投稿日 1999年1月17日(日)13時11分 プロキオン

1月16日の「ペット屋の倅さんへ」

「質問君」のレスのとおりですね。同じ先生が別の誰かにとって
も同様に良い先生とは限りません。

私の病院へ通ってきたいる方たちには私は信頼されていると考え
ていますが、1度きりの方たちにも信頼されているとは限りませ
ん。助けられなかった患者もいれば、2度と来院して欲しくない
飼い主さんもいましたから。

飼い主さんの口コミも自分にとって良い獣医師であることを保証
してくれるものでもありません。そもそも良い獣医師とはどのよ
うな獣医師なのでしょうか? 人が100人いれば100の理想
像があるのではないでしょうか。これを全て満足させることがで
きるのは神様の領域に入ってしまいます。
死んだ患者を生き返らせることができる先生なら、やはりそれは
名医と呼ばれるのに相応しいと思いますが、実際問題としては、
人間として自らが信頼できると感じることができる先生を自分で
捜すしかないでしょうね。

料金について不明な点があるのなら、その時点で説明を求めるべ
きです。お金を払っているのですから、聞くくらいの権利はある
はずですよ。病状についても同様です。
# ただし、病院が込み合っているときは手短にお願いしますね!

事例として挙げておられることも、こういう解釈もできますよ。

1、レントゲンであまりに陰影が強かったので、腫瘍の疑いもある
  といったのが、飼い主さんには癌と伝わってしまった。
  #まあ、あまり考えられないことではありますが。

2、癌と言われたのが、乳腺のシコリであった場合。猫の乳腺腫瘍
  は80〜90%は悪性の乳腺癌ですが、たまたま良性の腫瘍で
  あったのかもしれません。
  本来、癌とは悪性を意味していますが、単に腫瘍の意味で使わ
  れている場合も臨床の現場ではしばしばあります。

3、疥癬でしたら、やはり他の患者さんとは出会う可能性がない時
  間帯を選んで連れて来て欲しいですね。感染症の場合は疥癬に
  限らずそのように思います。
  少なくとも、ペットキャリーやバリケンに入れたり、自動車の
  中で待機しているくらいの気遣いは他の患者さんに対して必要
  だと思います。これを注意しないようでしたら、逆に無神経な
  獣医師という評価がくだされるはずです。
  問題はその時の注意のしかただと思います。

以上の3点ですが、かなり獣医師側に好意的に解釈していますので、
ご不満もあるかと思います。
私が言いたいのはこれらの獣医師の言い分を聞いていない以上は飼い
主さんだけの言い分で評価することはできないということなのです。

両者の言い分が確認できない以上は、これらの事例だけで獣医師を評
価すること自体に意味がありません。したがって、最初にもどると自
分の目で確かめて捜すようにするしかないでしょうねという回答にな
ります。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。