獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-102

乳腺腫瘍について
投稿日 1999年1月17日(日)16時34分 林 文明

乳腺腫瘍は犬の場合 半分が良性、半分が悪性です(いわゆる癌)。
確定診断は、切除して 病理検査に出すしかありません。
たぁりさんの場合 腫瘤(しこり)の大きさがわかりませんが1センチ以上の
腫瘤でしたら、乳腺を摘出しなければなりません。
また、悪性の場合は肺への転移の可能性があります。(肺に転移がある場合はたぶん手術はしないでしょう)
いずれにせよ、麻酔をかけた手術が必要です。
(もちろん 血液検査などをして 状態の確認が必要です)
痛い思いをさせるのはかわいそう、とありましたが もし治るものであれば みすみす
寿命を縮める方がかわいそうなのでは?と私は思いますが 飼い主さん方はどう思われますか?
治療法は、現在のところ 手術になります。
抗ガン剤の治療もありますが いまのところ 必ず効くという薬はありません。
アメリカでは、乳腺腫瘍はほとんど見られません。
何故かというとほとんどの犬や猫は避妊手術を受けているのです。(もちろん純血種も)
これには大きな訳があり、それは、初回発情までに避妊手術をすると乳腺腫瘍の発現の危険性が
1%以下という報告があるからです。
参考まで・・・
これを機会に避妊手術をしましょう。(だから獣医さんは 避妊手術をしましょう!と言っているのです)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。