獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-138

ももさんへ
投稿日 1999年1月23日(土)08時11分 林 文明

獣医師の林です。
うちの病院でも同じような下半身不随の猫ちゃんを預かっています。(半永久的に)
2〜3ヶ月に1回くらいはももさんちの猫ちゃんと同じように膀胱炎になります。
この子は1日1回カテーテルで排尿させています。
もちろんカテーテルは 毎回ガス滅菌済みのものを使っています。
このような膀胱炎の場合は カテーテルや処置をする人の手の汚れも一因ですが
最大の原因は カテーテルを入れる刺激(尿道や膀胱が炎症を起こしてしまう)であると
思います。
ですから、このような猫ちゃんに頻繁にカテーテルを入れれば 必ず起こる病気(一種の
副作用)と言えるでしょう。
では、どういう手段があるでしょう?
できれば、膀胱を圧迫して(猫の膀胱は一般の飼い主さんでもわかります)排尿させてあげることを
平行して行えばカテーテルを入れる機会を減らせるでしょう。
この処置は できる飼い主さんも居れば できない人もいます。
(他の猫ちゃんのケースでは 家で圧迫排尿して、チェックのために3ヶ月に1回 来院する人もいます)
試してみるのでしたら、一度担当の先生に手技を習ってみて下さい。
また、注意点ですが 普通の猫ちゃんに比べておしっこが膀胱にたまっている時間が
長かったり、細菌感染の機会が多いので腎臓が悪くならないかのチェックが必要です。
(私は尿検査、血液検査だけで充分だと思いますが、先生によっては 他の検査も必要と考えるでしょう)
そして、足がどれくらい動くのかわかりませんが、本人にあまり痛覚がなければ ももさんが傷に気を付けて下さい。
(本人はどんなにけがをしていても痛くないことが多いです)
たいていこういう猫ちゃんは体はいたって丈夫ですよね。(別にデータはないですよ)
食欲をバロメーターとして看護してあげれば良いかと思います。
頑張って下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。