獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-175

マルチレスです
投稿日 1999年2月1日(月)22時11分 ムクムク

Re:インコが卵を産み続けます
1月28日発言のみゆみゆさんへ

 産卵は冬至を過ぎて日照時間が長くなると促進されます。
 また、カロリーが高い食餌を続けると促進されます。
 そういう意味では日没後は早めにカゴに覆いをする、シードや
 粟玉などを控えるなどで少しでも抑制できる場合があります。
 塩土はカルシウムと言うより塩分を中心としたミネラルの摂取と
 いえます。 カルシウムはボレー粉とかカットルボーン(イカの甲)
 です。 脂質の多い餌を控えられて、ボレー粉のようなカルシウム
 飼料をしっかり与えられることをお勧めします。

Re:おしえてください
1月29日発言のまよさんへ

 鳥を病院に連れて行くにはまず鳥の診療を得意とされる先生を捜す
 ことです。 これには電話帳などの動物病院のページで鳥の診療を
 行っている病院を探されたり、近くの病院に電話で確認するのが
 いいと考えます。
 次に電話で診療時間や予約の必要を確認します。
 この際にどのように連れていけばいいか先生に聞いてください。
 例えば私は鳥の環境も見たいので出来る限りカゴのまま連れてくる
 ようにお願いしています。
 この季節、来院までの間の保温も工夫しなければならないこともあ
 ります。 ヒナの場合は特に注意が必要です。
 よくホカホカカイロで保温される場合がありますが、あまり温度が
 上がらないことと酸素が消費されることでお薦めしていません。
 暖めたウーロン茶の缶を鳥の側に置き、便利な湯たんぽとして利用
 されている顧客がいます。 さめてしまっても途中で買い足せるので
 都合がいいのです。
 何にしても、電話で予約された先生の指示を仰いで頂くのが一番です
 ので、先生とよくご相談ください。

Re:おかめの鳴き声について
1月31日発言のぷんさんへ

 換羽は鳥にとって大変なストレスですが、声がかすれると言うことは
 無いと思います。 喉の炎症などが疑われますので先生に診てもらって
 ください。

Re:オカメペアがひなの羽を抜いて・・・
1月31日発言のオカメ飼いさんへ

 他の鳥の羽をむしるとすれば程度の問題ではありますが、やはり
 隔離した方がいいと思います。 一種の攻撃の場合がありますので。
 カルシウムが足らなくなると攻撃性が強まることがありますので
 ボレーやカットルボーンを食べているかチェックしてみてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。