掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-192

>ftさんへ
投稿日 1999年2月4日(木)12時09分 くまこ

はじめまして。一介のうさぎ飼いの意見です。
ご自分の生活もおありでしょうに、何匹もの里子を抱えて本当に大変ですね。
時間もお金もかかるし、隣人からの苦情に対する不安、もしかして引越しを迫られるかもしれない不安、いろんな苦悩が発生することとお気持ちお察しします。
いくら猫が好きだからと言っても、なかなかできないことだと 頭が下がります。
どうか絶望的な気持ちに追い込まれないでください。

最初の質問ではいきさつがハッキリと分からなかったので、ただ飼い猫が「うるさいから声帯をとる」んだと思われた方もいたかもしれません。
それで誤解が生じたのかもしれません。
でも 今のftさんの状況では、声帯除去しか猫を生かす道はないんじゃないでしょうか。
声帯除去と安楽死のどちらが これからその猫たちにとって幸せなのかは 個人の価値観によって異なると思いますが・・・
反対を受けることがあるかもしれませんが、その意見は意見として聞き、ftさんが猫たちにとって一番幸せだと思うことをしてあげればよいのではないでしょうか。
どういう選択であれ、それは、だれにも非難できないと思います。

ただ、一つ知って頂きたいことがあります。
中にはそうでないところもあるかもしれませんが、
真面目に運営している動物保護団体は、殆どが 資金不足はもちろんのこと人不足、時間不足です。
事務所は節約に励んでいます。もちろんスタッフは無給です。他の仕事をしないと食べていけませんので かけもちで多忙を極めています。
常に仕事は山積みで、終電まで残っても終わりません。その上次から次へと問題が発生します。
たいていのスタッフで動物を飼える環境の人は、もう既に動物を保護したり、里子を貰ったりしているので、個人的に何とかしてあげたくても余裕がありません。
「そんなの自分でなんとかしなよー」という気持ちであしらっているのでは決してありません。
不幸な動物をなくしたい気持ちは同じですが、こちらもどうしようもない状況なのです。
少なくとも、私が関わっているところはそうです。
みんな、何かを切り捨てなければならないジレンマにいつも立たされています。

「一度拾ったら自分で責任持って、できないなら拾わないで」という意見もありますが、ftさんのような 真剣に向き合っている立場の方に言っている言葉ではありません。
安易に飼ってそのうち捨てたり、安易に拾っていい加減に飼ったり捨てたりする人がたくさんいることを知ってしまった人の 悲しいコメントだと感じます。
私は、拾ってくれた方に対してありがたいと思っています。
ここの方々も、だれもftさんを切り捨てたり、非難したりしていないと思います。
時間がかかるかもしれませんが、里親になりたい人が現れるまで、どうか猫達を幸せにしてあげてください。
何の力にもなれないのに いろいろ書いて申し訳ありませんでした。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。