獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-21

視力障害
投稿日 1999年1月7日(木)04時28分 パールちゃん

ちびまるさん>
めりぃさんが書いていらっしゃったように、
首輪に触覚になるような柔らかな棒を取り付けて物にぶつかることを察知する方法があります。
ただしこれは、足腰が丈夫で走り回ってしまうような犬には不向きかもしれません。
とぼとぼ歩きで、鼻より先に触覚が物に当たる場合に適しているといえるでしょう。
同じくめりぃさんが書かれているように、
見えていたときの物の配置などの記憶に頼って行動しますから、
ぶつかって危険な物を取り除く以外は、物の位置を変えないほうがいいと思います。
また、視力に頼らないぶん、聴覚や嗅覚が頼りになります。
聞き慣れない音、大きな音、いつもと違う匂いなどは犬を不安にさせますので、気をつけてあげてください。
肉球の触れる感触も大事なことだと思います。
足元があぶないからといって、床の素材を変えたりするときは
少しずつ慣らしてあげるようにしたほうがいいでしょう。
長い間親しんでいた音、匂い、手触りを感じることで、
視力を失っても幸せに暮らすことができるはずです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。