掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-55

Re.ウサギに不妊手術は必要?
投稿日 1999年1月11日(月)11時22分 イブ

りえぞぅさん、こんにちは。
獣医師のイブです。
うなちゃんは、発情に伴う性格の変化のようですから、避妊手術をする事によって、もとのかわいい性格に戻る可能性は大きいと思います。
避妊手術はもともと、繁殖制限や性に関する問題行動をなくすために行われるものです。人と動物が折り合いよく暮らしていくための処世術のようなものですから、もし、避妊手術をする事によって、お互いがより仲良く生活する事ができるのならば、避妊した方がよいと思います。また、林先生のおっしゃるように、それに付随して、生殖器疾患の予防にもなる、という長所もあります。
しかし、私は、生殖に関する困った問題が何もないのに、将来なるかどうかわからない病気の予防のためにわざわざ避妊する必要はないと思います。
りえぞぅさんの場合は、まさにその問題で困っているので、避妊手術をする十分な理由があると思います。
避妊をするべきかどうか決める要点は、うなちゃんの性に関する問題行動がこれから先何回かおきた時、我慢できるものなのかどうかという事です。発情中の問題だけでなく、偽妊娠などという問題も出てくる事もあります。
いろいろな意見をきき、飼主さんが判断なさってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。