獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-74

肥満細胞腫
投稿日 1999年1月12日(火)22時32分 澤越 薫

はじめまして。
現在1歳半のケアンテリアのオスの子にピンク色で、盛り上がった直径1cmくらいの腫瘍が見つかりました。
かかりつけの病院で最悪の場合肥満細胞腫の疑いがあるとのことで採血し、検査室へ回してもらいました。
以前から明け方に大量の胃液をはいたり食後すぐにもどしたりすることもあったので、これらも肥満細胞が原因だったのかもしれないともいわれました。いずれにしても結果待ち状態ではあります。
ただ、最悪肥満細胞腫と診断された場合やはり最善の治療を受けたいと思います。現在の先生はとても懇切丁寧で今回の病気の説明も本をもって丁寧に説明くださり、信頼をしています。
が、知人の飼い犬が大病になった際かかりつけの病院(私が行っている病院とは別です)で手術をしたものの術後経過が非常に悪く、人の紹介から別の病院に連れていったところ手当てが非常に稚拙で、切開部位の縫合にいたっては細胞同士がきちんとあっておらず、もう少しのところで命を落とすところだったといわれたそうです。(幸い新しい病院で再手術をし、現在はとても元気になりました。)そこのDr.に最初の手術を行った病院名を伝えたところ、そこは獣医師会から除名されたDr.の病院だといわれたそうです。獣医師会に入っていらっしゃるのとそうでないのとではどれほど違うものなのでしょうか?普段の相談には人柄の良い先生を頼ってしまいますが、大病となるとどうしても技術を考えてしまいます。肥満細胞腫は悪性だとのこと。やはりいくつかの病院を回って相談したほうが良いのでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。