獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-199901-78

マルチレスです
投稿日 1999年1月13日(水)10時00分 林 文明

ルーのママさんへ
たとえ耳の奥の方でも 手術可能だと思います。
ただし、年齢的にも 腫瘍の可能性もありますので 大学病院にいかれた方が無難かと思います。
大学病院は 各都道府県にはありませんので 担当の獣医さん、もしくは 掲示板などで聞いて下さい。
澤越さんへ
肥満細胞腫は悪性度の高い腫瘍です。
ただし、確定診断は細胞診になります。
血液中に肥満細胞が出た場合は全身的拡散を意味します。
放射線療法が必要な疾患ですので、やはり 大学病院をお薦めします。
ももさんへ
詳しい尿検査(尿培養なども)を中心とした再検査が必要と思われます。
膀胱炎にも様々な原因があり、原因を確定しないことには治療は困難です。
膀胱結石は触診だけではわからないくらい小さいものもありますし、レントゲンを
とっても写らない性状の石もあります。
やはり、年齢的にも腫瘍を考慮する必要があります。
まず、なぜ頻尿、血尿なのか ちゃんと調べてもらって下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。