獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200003-319

猫白血病ウイルスについて
投稿日 2000年3月29日(水)19時21分 斉藤充尋

獣医師の斉藤です。
猫白血病ウイルスについて説明させていただきます。
まず、「猫白血病」とは、血液の細胞の腫瘍を意味します。
猫白血病ウイルスに感染した猫のほんの1部の猫が、
白血病になり、白血病にならない猫の方が多いです。

猫白血病ウイルスに感染した場合、約7割の猫がウイルスを排除します。
4ヶ月間経っても感染が持続していた場合は、持続感染が続くと考えられます。
年齢により、排除の可能性が高いかどうかは不明であり、
猫自身の抵抗力によるところが大きいと思われます。
持続感染となった場合、1年生存率は約50%です。
7年生存した猫の例の報告もありました。
持続感染の場合、血液疾患、免疫不全に伴う感染症、リンパ腫などが
みられることが多いと思われます。
インターフェロン注射は、その効能は猫カリシウイルス、犬パルボウイルス
感染症については効能が認められていますが、そのほかの病気については、
獣医師の裁量内において使用されているようです。
月に1回の注射はあまり一般的な使用とは思えないので、
担当獣医師によく説明を聞かれるといいと思います。
猫白血病ウイルスに対するインターフェロン接種は、
実験的に感染させた猫において、感染初期には効果があったとの
報告はあります。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。