掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-190

皮膚炎
投稿日 2003年2月18日(火)14時52分 雪うさぎ

我が家の犬の皮膚炎についてお尋ねしたいのですが・・
もともと皮膚が弱いほうなのですが、先日トリミングに出したところ足の裏
のパットの間がバリカン負けしてしまったようで、真っ赤になってただれて
しまいました。
痒いのか、足を舐めたりガジガジしたりしていたので病院に連れて行ったと
ころ、
@オルビフロキサシン10mg
A硝酸ミコナゾール10mg
Bトリアムシノロンアセトニド1r
の3種類の成分の入った塗り薬をいただきました。

「成分がとても強いので、一週間が使用限度です!」と説明されたのですが、
それを塗ると、犬自身がとても気になるようで、今まで以上にただれている
ところを舐めたりガジガジするようになってしまい困っています。
その薬を塗ることによって、よけいに痒みが増す・・とか、犬によっては
合わなかったり・・ということもあるのでしょうか?
このまま薬を塗らないで自然治癒を待つ・・ということは望めないのでしょうか

飲み薬もいただいているのですが、その他にも早く治してあげるために何か
よい方法があったら教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。