獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-191

かずさんへ
投稿日 2003年2月18日(火)15時37分 おくちゃま

私の体験をお話させて頂きます。
今から約4年前の事ですが私達夫婦は深夜飛び出してきた黒猫を車ではねてしまいました。
完全な野良猫でしかも興奮状態でしたが、主人が怪我を負いながらも捕まえて夜中に診て下さる病院へ運びました。
レントゲンを撮ったら背骨が骨折しており、手術をしても自分で排泄ができなくなるかもしれない状態でした。
そういう場合は人の手で排尿・排便をさせなければいけません。
ですが、その子は3日程入院しましたが全く人に慣れていない状況で治療のたびに軽い麻酔をかけなくてはなりませんでした。
当然排尿・排便もさせてくれないので退院したとしても、毎日麻酔をかけて排泄させなければなりません。
毎日麻酔をかけることが体に良くないであろう事、排泄ができなければ尿毒症になるだろう事、
入院中の様子を見ても今まで人の手をかけられてきたとは思えない事・・・。
私は費用のことはいくらかかっても構わないと思っていました。
借金してでも治療したい、だって私達がこの子をこんな目に遭わせてしまったのだから・・・。
でも治療する事がこの子にとって必ずしも良い事ではないと獣医さんに聞かされて、安楽死を決断しました。
もちろんその子の死の瞬間にも立ち合い、今うちの庭の片隅に眠っています。
それでも何年経ってもこの後悔は消える事がありません。
どんな形であってもあの子は生きていたかったんじゃないかと・・・。
また一昨年、事故に遭って後ろ足を引きずっていた野良猫を1ヶ月かかって保護しました。
幸いその子は入院したらすぐに人に慣れましたが、関節の骨が砕けてしまっており、
どうにか足を残してやりたいと思いましたが、4度の手術を繰り返した結果、去年断脚しました。
猫エイズにも感染していますが、3本足でも私の後をぴょこぴょこついて来て、今の所元気に過ごしています。

かずさんがどのように決断されるのかわかりませんが、その猫ちゃんが足の怪我だけなら安楽死はしないで欲しい。
どちらにお住まいかわかりませんが、私のお世話になっている病院は外科手術であれば何日入院しようと5万円以上はかかりません。
メールをいただければその病院をお教えすることもできますし、犬・猫の保護活動をしていますので、
お役にたてることもあるかもしれません。
かずさんが轢き逃げせず、病院に連れて行かれたことは立派だと思います。
どうか後で後悔する事のないようにして下さい。
安楽死はいつでもできますが、死んでしまってからでは遅いのです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。