掲載期間:2019/03/26-2019/04/25
[広告]

獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200302-74

避妊/去勢手術について
投稿日 2003年2月11日(火)08時15分 sango

我が家も多頭飼いでしかも雄雌いるので、避妊/去勢は必須です。
雄はともかく雌は定期的に発情するし、そうなれば本能で雄を求める訳だし、
発情雌がいれば雄はやはり本能でそれに応じようとするわけで。
雄は一緒に飼っている雌以外でも、何キロも遠くの発情雌にも反応すると聞いた事もあります。

生物の定義は「子孫を残す事」です。
犬は人のように理性がある訳ではなく、本能に従うのが本来の姿でしょう。
それは人と長く暮らして来たからと行って変わるものではないと思います。
ただ人と暮らす以上人為的に繁殖を制限するのは、ある意味飼っている人の責任だと思います。

また、生殖器は発ガン性の高い臓器ですから、病気になるリスクを軽減するというのもあります。
だから、単独で飼っていても避妊或いは去勢は必ずするでしょう。
仮に私がブリーダーで、絶対この子たちの血筋を絶やしてはいけないと言う使命でもあれば話は別かも知れませんが。

最初に避妊手術を受けさせた時はかわいそうだと思ったし、お腹の傷を見れば心が痛みました。
だけど避妊/去勢手術が虐待だとは思いません。
手術をすることである種のストレスから解放され、ある種の病気のリスクを負う事もなくなると言う意味では虐待どころか全く逆だとさえ思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。