獣医師広報板ニュース

意見交換掲示板過去発言No.0000-200411-32

サラさんへ /下半身付随の猫さんのこと
投稿日 2004年11月6日(土)03時55分 投稿者 みう

今夏、うちの子が膀胱炎でおしっこが出なくなった時に人工尿道の手術を受けるか、別の方法を模索するかという選択を強いられました。
その時に教えていただいた治療法の1つに「注射器で膀胱に溜まった尿を吸い取る」というのがありました。
こまめに獣医さんに通うことになりますが、そういう治療方法もあるそうです。
この方法だと注射器で吸い取った時、猫自身も「残尿感」を感じなくて済むというお話でした。
私は獣医ではありませんので詳細等は掛かり付けの獣医師さんにご相談なさってくださいね。

膀胱に尿が溜まったままだと膀胱の収縮活動が不活性になります。
自力で排尿が普通にできるまでになれば膀胱の収縮活動も改善・回復する可能性があり、伸びきった膀胱が元に戻る症例もあるそうですよ。
サラさんの猫ちゃんも改善・回復されますように・・・
自力でのおしっこ、飼い主の切なる願いですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。