獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199911-43

初体験、暴れる猫!!
投稿日 1999年11月18日(木)09時21分 とどの親

うう、皆様に、ただただ、猫飼い歴が長いだけで、
どんなに、猫が暴れるかを、知りませんでした。
ここで、お詫びいたします。

というのは、
2日前から、母が旅行にでかけたので、彼女の猫の面倒も
見ているのですが、「便秘症」なので、
乳酸菌をのませなくてはならない。
その錠剤を母は、準備して行かなかった。
しょうがないので、私が飲んでいる、カプセルを
例のピルガンにいれて飲ませれば、楽チン、と思ったら、
これが大違い。
うるさい(母)が、不在のためか、
すっごく、元気に、家の中を飛び回っている。
超興奮状態。でも、玄関をあけても、外には行かない。
(母が帰ってくると、外に出たまま、帰らなくなる。^^;)
アルテミスさんのとこほど巨猫ではないが、
我が猫が真っ黒で4kgなのに、きゃつは牛模様で、6kgあるので、
すごくでかく感じる。
ちょっとおちついたかな、と思う頃、押さえようとすると、
ビギャー、と子供の駄々こね状態になったので、
まずは、ひざに抱いて、ゴロゴロが始まり、呼吸が落ち着くまで待った。
そして、口に、触れようとした途端、また、暴れる。
離すと、逃げもせず、座っている。何回かトライしたが負傷もしたので、
あきらめ、ダンナの帰りを待つ。
ダンナにまず、抱えてもらったところ、抵抗。
しかし、「しっかり、押さえててよ。」と厳命し、
叫ぶ猫の口を片手で押さえ、いよいよ、ピルガンを…。
…だめでした。口に触れるたび、顔を左右上下にふりまわして、
抵抗&大暴れ。あきらめました。
猫を飼って、30余年、あんなのは、初めてです。
猫自身の性格もあるが、きゃつの場合は、「情緒不安定」
にした育て方にも、問題があると、夫婦で感慨深く思ったのでした。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。