獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200107-48

みなさんに、お伺いしたいのですが・・・。
投稿日 2001年7月9日(月)08時21分 フニまま

こんにちわ、初めまして。
ここ数日、ずっと考えている事があって、結論は出ているのですが、どうしても感情的に収集がつかなくなってしまったので、ぜひみなさんの御意見をお伺いしたいと思い、書き込みしています。

私は今、6才のメス猫と一緒に暮らしています。
今年の2月に2才半の子を先天性の骨髄疾患で、1年半の闘病の末に亡くしました。
気持ちも落ち着き、6才の子のため、自分のためにもそろそろ新しい子を迎えようと、里子探しをしていました。
そこで、出会った生後1ヶ月半ほどの子猫をエイズ、白血病共に陰性という事で譲り受けて来ました。
家へ連れて来て約3週間たって、気掛かりだったFIP の検査をしました。
結果は400という値でした。
この数値が必ずしもFIPに感染している事を示すものではない事、もし感染していても発病しない場合には長生きする事もある事、などいろいろと自分なりに知識を取り入れているところです。

掛かり付けの先生は、先住猫の事を第一に考えて(この子は以前の検査で<100でした)、返せるなら出来るだけ早めに返した方が良いとおっしゃいました。
そしてその日のうちに、一たんは心を鬼にして子猫を保護してくださっていた病院に返しに行きました。
そこの先生は、1ヶ月後に再検査をして、数値が下がっているようなら引き取って欲しいというようなニュアンスでお話されました。

私としては、先住猫がウイルスの感染のない子なので、あえて危険にさらすような事も出来ない・・・。
子猫のほうもたった3週間でしたが一緒に過ごし、初めて見た時よりもうんと猫らしくなって、じゃれたり出来るようになって、人の暖かさを知った矢先の事なので、どうにも不憫でなりません。
保護先の先生には、もし一匹飼いで貰ってくださる方がいらっしゃったら、その方がこの子のためかも知れないので、そうして下さい、とは一応お願いしてあります。

頭ではわかっているのです。まず先住猫第一で考えるべきだと言う事。
飼うなら隔離。。。でも家は2匹を隔離して飼える環境にない事。
子猫をこのまま手放したほうが、無難だという事。
子猫が我が家にいた3週間ほどの間、隔離していなかったので、先住猫にももしかしたら感染しているかも知れない事。
*先住猫は1ヶ月後、再検査します。

でも、どうしても、子猫の、あの病院で別れた時の「置いて行くの?」という目が頭をよぎるのです。
こんな泣き言を言うくらいなら、保護先の病院で、検査結果が出てから決めれば良かったのです。
あの時、拾われてから1ヶ月もこのケージの中で過ごしていたなんて・・・と急いた私が悪いのです。

長くなって申し訳ありません。
でもここをROMしていて、みなさんの意見を聞きたかったのです。
良かったら、お聞かせ下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。