獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200107-49

梅雨はどこに行ったの???
投稿日 2001年7月9日(月)12時15分 楓

ってかんじの関東です。
今日も晴天。でも湿度が低いのか炎天下にでなければ、それなりに過ごしやすい…かな?

龍二さん&圭子さん>
もしかして同じ方でしょうか?
もし同じ方であるのなら、全く同じ内容を投稿されてもあまり効果がないのでは…?
●私は獣医師ではないので参考程度に聞いてください。
パルボの原因はパルボウイルスです。細菌による病気であれば、有効な抗生物質がありますが、パルボウイルスをやっつける薬はないと思います。獣医さんの知識とご経験による対症療法と、後はその猫ちゃんの生命力、運命にかけるしかないでしょう。猫ちゃんの幸運を祈っています。
パルボはご存じのように3種混合ワクチンに含まれていて、接種していれば罹患する確率がかなり低い、またかかったとしても助かる確率が高くなります。
ワクチンを打つと肉腫ができるのではないか?という不安の声を最近よく聞きますが、パルボは非常に死亡率が高いし、また、感染力が強力なウイルスなので、今後は定期的なワクチン接種をお考えになった方が良いでしょう。
ただし、もしパルボにかかったとして、完治すれば免疫がつきますので、その猫は生涯パルボにかかることはないと言われています。(例外もあると思いますが)
また、私が住んでいる地域では最近犬のパルボの発症例が報告されています。
犬のパルボは猫にも感染します。猫にワクチンを接種していても、犬のパルボには効果がないので、外に猫を出されている方はご近所でパルボが発生したときは厳重注意してください。

フニままさん>
FIPについてはまだまだ獣医さんの中でも最新の知識に関する考え方が様々で…
もしよろしければ、下記のアドレスのサイトをご参考になさってください。
先住猫ちゃんのFIP抗体価検査の価が<100であったとしても、それは0ではないので、コロナウイルスには感染していることを示してします。
この、「FIP抗体価検査」という名前がくせ者です。
ここででてくる価は、イコールFIP価ではなく、コロナウイルスに感染している、ということを示したにすぎません。コロナウイルスが運悪く、その猫の体の中で、何らかの突然変異を起こしてはじめてFIPウイルスに変化するので、コロナウイルスに感染しても何ら不安がる必要はないものです。
現在呼ばれているFIP抗体価検査でマイナスの価がでない限り、コロナウイルスには感染しているということなのですから、その子猫が、FIPと思われる他の症状がない限り、神経質になる必要はないと思います。
またFIPを発病している猫と他の猫を同居させたとしても、コロナウイルスは猫の腸内で突然変異を起こさないとFIPウイルスに変化しないものなので、感染する確率は非常に低いと言われています。
http://www.herbykatz.com/100index5.htm

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。