獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200710-69

Re:緊急!助けてください!!
投稿日 2007年10月30日(火)12時15分 投稿者 プロキオン

ネットでは、どこの誰の話なのかまったく分かりませんから、投稿記事を読んだ各人が自分自身に置き換えて考えてみるしかできません。具体的な手助けは、まずほとんどの場合が不可能なことを承知しておかないとなりません。
つまり、急を要することであって、かつ具体的な手助けが欲しいのであれば、それはネットに相談するべき事柄ではないということになります。身近なところに求めるのが妥当であるということになります。
また、求めているのと異なる反響が返ってくるというのも、ネットならではのことのように思います。

sumireさんは、「厳しい言い方ですが…」とおっしゃられていますが、私はそうは思いません。世間一般の見方からすれば、それが当たり前のことだと思います。
餌を与えている事、それ自体が「家の中で飼えばよいのに、わざわざ外で飼って、周辺に迷惑をかけている」という受け取り方をされるはずです。給餌しているということが、飼い主であるということなのです。まわりからは、そう認識されているのです。
だから、苦情がくるのです。単に餌をあげるだけでは済まなくなり、もろもろも責任が伴うようになってきてしまっているということなのです。

緊急で助けてくれるところというのも、本当はわかっているはずなんです。ペットホテルや動物病院にお願いすれば、営業ですから、ちゃんと預かってくれますよ。当然、料金は支払わないとなりませんけどね。緊急とはそういうことですよね!

動物を飼育している者の責任というのは、まず第一にその動物を守ることにあります。そのために何を為すべきかがあってのことです。
食べれば出るがありますから、排泄のこと、病気のこと、抜け毛や鳴き声、さまざまなことが付いて回ります。本人は良くても周辺にそれを嫌だという方がいれば、そのための対応も必要です。「おいしいとこどり」だけでは、動物を飼育している者の視点から見ても
為すべきことをやっていないということになってしまいそうです。
動物を飼育するということが、その動物を守るということであれば、今回の投稿が、猫から迷惑を受けているという隣人の方からも、sumireさんからも厳しい言葉が出てきたというのも 私にはうなづけることです。
世間は暖かいばかりではない、むしろ冷たいことの方が多いからこそ、自分自身がしっかりとして猫をまもっていかなくてはならないのです。sumireさんが井上さんに伝えたかったのは、そういうことだと思いますし、私も同じことを伝えなくてはと考えました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。