獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200804-14

Re:猫のひきつけ
投稿日 2008年3月7日(金)10時30分 投稿者 プロキオン

初めまして、ポインセチアさん。

>最近そのうちの一匹が突然ひきつけの様なものを起こします。
 まだ生後半年くらいの子猫です。
 もしかしてこれは毛玉を吐く練習なのでしょうか?

「ひきつけ」という言葉は、痙攣や強直をともなう神経症状の際に用いられますので、「毛球の吐出」とは異なるものです。まず、ポインセチアさん御自身がどちらの状態であるかをわかっていないと他者への相談としては成立しません。
記載されている状況から、どちらが本当の状態であるのかは判断できかねますので、ネットではなく確実に当該猫を診て(あるいは見て)判断する必要があります。動物病院を受信されたら良いと思いますよ。


>気になる事がまたあったのですが…子猫って歯が抜けたりするのでしょうか?

生後半年くらいであれば、すでにそこそこ大人の体になっていると考えられますので、乳歯から永久歯へ替わるということは不思議でもなんでもないです。普通の現象です。
歯槽膿漏や歯肉炎・口内炎で抜けたということではないですよね?


>猫は室内で飼っています。家の周りに野良猫が沢山いるので…もしかしたら、伝染病なのかもしれません

やはり、「ひきつけ」ではなく「嘔吐しようとしている動作」のことなのでしょうか?
猫を飼育するようになって4ヶ月間ワクチンも何もしていないということになるのですよね。一番、病気に罹りやすい時期なので、この点については心配された方がよろしいでしょう。厳密に言えば、4ヶ月前の時点で心配するべきでしたが、今、そのことを言っても仕方ないですから。

>ネットを通じて情報収集しています。野良猫ちゃんたちが避妊しているのか調べる方法ってありますか?

雌雄の記載がありませんが、メスということでよろしいのでしょうか?
今生後半年くらいで、4ヶ月前に保護したということであれば、保護した当時は生後2ヶ月くらいという計算になりますよね。であれば、ポインセチアさんが避妊手術を施していなければ、避妊されていない雌猫ということになるはずです。
誰しも、生後2ヶ月の猫に避妊手術を施してから捨てるということもしないでしょう。

もし、お尋ねの「野良猫」というのが、御近所を徘徊している大人の猫の方であれば、それは今ポインセチアさんが考えても仕方のないことです。
外飼いの飼い猫かもしれませんし、うかつに捕獲して手術しても騒動になるだけかもしれません。飼い主のいない野良猫であることを確認してからのことですし、今、心配しなくてはならないのは、ポインセチアさんが飼育している猫達のことが優先ですよ。
本当に野良猫であれば、避妊手術がしてあることの方が異例です。仮に存在した場合は、まずもって家出してきた猫だと受け取っておいた方がよさそうです。「地域猫」として手術済みの猫達も昨今であればいるのでしょうが、こちらであれば、世話をしている人たちが複数おりますので、聞いてまわればわかることです。

また、ネットでの情報収集は私は推奨いたしません。いつくるかわからない返事をまっているよりは、本屋さんに行って、猫の飼育書の2〜3冊も読んでみることの方が猫に関わる情報は確実に得ることができますので。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。