獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200804-30

Re:>みぃママさん 「乳腺腫の手術」
投稿日 2008年3月17日(月)00時15分 投稿者 みぃママ

詳しいご説明、有難うございます。
その時は、しっかりと担当の先生から説明があったと思うのですが・・・今更ながらに、よく理解できました。
うちの猫の場合、先生のレスにもある「腫瘍周囲の切除する安全範囲」が問題のひとつだったのでしょうね。
それは、この手術の数年前にも乳腺種の部分切除手術をしていて(この手術は問題なく済みました)、今回は、再発で転移も考えられるので、手術をされるなら可能な限り悪いところは取りましょう。ということで、手術をお願いしたのですが、結果、腫瘍が前足の筋肉部分にまで広がっていて予定より広範囲の切除になってしまったようです。プロキオン先生のご説明から考えますと、皮膚縫合がうまくいくのは困難だったのかもですね。その上、悪いところが脇の奥深くまで広がっていて、全部取るのは不可能だったと説明されました。体液が出るのもきっと手術が順調にすすまなかった、ということですね。。苦しめるだけの手術で延命させるのは避けたい反面、その手術をすることで悪いところの切除がうまくいけば、苦痛は取り除けてもう少し長生き出来るのでは?と悩みに悩んだ上での決断でしたが、いまだに後悔してます。
その後、すぐ肺にも転移して水を抜く毎日を送ることになり、かなり状態の悪い上での手術だったのだと後になってわかり、可哀想なことをしてしまったと、自責の念に襲われます。
事前に、転移の状況がわかれば手術が有効であるか否か、判断しやすいのでは。と思いました。

人間の方は、本当にお気の毒ですね。動物と違って(と言ったら語弊があるでしょうか。)、見た目は大事ですから。
患者さんは、体の傷と心の傷で苦しい思いをされてると思います。
患者にとって、先生は「神様」なのですから。

埋没縫合。。。というのですね。これこそ、ノラ猫ちゃんに向いてそうですね。
猫や犬の場合、傷跡が残る残らないは問題なのでしょうかね。時間が経てば、いづれ体毛で隠れてしまうのでは?と思いますが。(笑)

「吸収糸」から、だいぶお話が広がりましたが、お蔭様で詳しく知ることが出来ました。ノラ猫ちゃんの避妊手術、頑張ります。途中、辛いことを思い出してしまい感情が入ってしまい、長々とすみません。有難うございました。

☆プロキオン先生のお宅のオカマちゃん、ぁ、失礼!尿路結石ちゃんのご回復祈っております。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。