獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200908-55

Re3:子猫のお腹に水ぶくれの様な
投稿日 2009年7月13日(月)17時16分 投稿者 プロキオン

臍ヘルニアの場合は、けっこう見掛けるように思います。そして、その病勢については、ヘルニアの孔が猫の成長に応じて大きくなっていくかにかかっています。孔が大きくなるようであれば、やはり小さいうちに閉鎖することを考えなくてはなりません。孔が相対的に小さくて成長しないようであれば、経過観察しているだけでよい場合も多々あります。
ただし、雌猫ですと、妊娠したりすると腹腔内の臓器が大きくなった子宮に圧迫されてヘルニアの孔に押し寄せてくることがありますので、これは妊娠する以前に閉鎖しておくべきでしょう。
また避妊手術をするのであれば、その時に閉鎖してしまうのが都合がよいです。逆に、ヘルニアの手術をする際に避妊手術でもよいわけですが。
雄猫の場合であれば、必ずしもということでもありませんが、肥満させてしまうと同じように腹腔内に脂肪が蓄積してということがありますので(雌でも同じですが)、麻酔をかけて手術する機会があるのであれば、そのときに閉じてしまうのが後々に問題を残さないで済むように思います。

私のところでは、雌のシーズーでヘルニア孔に入り込んだ脂肪が炎症を起こして切除を必要となった事例と、雄の猫で孔が大きくて消化管まで出てくるようになってしまった症例がありました。
後者の猫は、孔を閉鎖するだけの腹筋がなかったので、キチンで出来た布をあてがって閉じる事になりました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。