獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200910-46

Re:夜なきの対処法について
投稿日 2009年9月28日(月)11時45分 投稿者 けりーずはうす

もともと猫は夜行性ですから、夜中に起きだして行動をするというのは当たり前の行動の一つにはなります。
しかし、人とともに暮らしている中で、夜は静かに眠るものという習慣が身につくのでしょう。
やはりひたすら無視をし続けるほかないのではないでしょうか。
当猫の場合、夜のうちになくなってしまったフードを朝5時くらいから私に催促したいらしいのですが
ひたすら私の枕元でじーっと私を見つめています。起きるとすぐに目が合い、「こっち、こっち」と食器まで誘導されます。
一週間ほどで鳴いてもさほど長くはなくなるでしょう。今後10年以上夜中に起されることを考えれば
1週間ほどは我慢できると思って覚悟なさってくださいませ。

また、昼間1匹で長く留守番させていたりすると、若い猫はエネルギーがたまっているというものです。
窓際にキャットタワーを設置して外を眺められるようになさったり、1日に30分くらいはおもちゃで遊んであげるなどエネルギーの発散させる機会を作ってあげましょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。