シネマチェックトップページ50音別indexア行index


悪夢のエレベーター      


2009年 日本
ミステリー・コメディー   

<監督>堀部圭亮
<キャスト>内野聖陽 , 佐津川愛美 , 斎藤工

<ストーリー>
妻の出産に、立ち会うために病院に急いでいた小川順(斎藤工)は、エレベーター内に閉じ込められたことを知って愕然とする。エレベーターの中には、他に、男女3人がいたが、非常電話も、携帯電話もつながらず、完全に、外部との連絡は、遮断されてしまった・・・。

<感想>
俳優の堀部圭亮さんの初監督作品です。

俳優の監督作というと、見る気がそがれるのですが、
この作品は、結構面白くて、集中して見ることが出来ました。

その一番の勝因は、主演に演技派・内野聖陽を持ってきたことでしょう。
コロコロと変わる、彼の見かけ上の性格と表情に、思わず引き込まれました。

そして、木下半太さんの原作も、面白い!
良くできていました。

ただ、中盤、ネタがばれてからが、急にテンポが悪くなって、前半のおもしろさが、トーンダウンしてしまうのが残念。
でも、ラストは、またまた、意外なことが待ち受けていて、息を吹き返しましたが・・・。

内野聖陽さん以外のキャストも、良かったです。

彼の仲間になる佐津川愛美。
知らない女優さんでしたが、存在感ありました。
それに、エレベーターに乗り合わせる斎藤工。
どこから見てもイケメンで、見ているだけで、幸せ気分になれました(^^)。(2010,11,12)





シネマチェックトップへ