シネマチェックトップページ50音別indexア行index


アリス・イン・ワンダーランド      


2010年
アメリカ(ALICE IN WONDERLAND)
アドベンチャー・ファミリー・ファンタジー   

<監督>ティム・バートン
<キャスト>ミア・ワシコウスカ , ジョニー・デップ , ヘレナ・ボナム=カーター , アン・ハサウェイ

<ストーリー>
19歳のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、自分のやりたいことが見つからず、その上、好きでもない男性から、突然プロポーズをされて、困惑していた。その時、白ウサギを見つけた彼女は、思わず、その後を追いかけ、深い穴に落ちてしまう・・・。

<感想>
誰でも知ってる”不思議の国のアリス”。
私も大好きでした。
不思議な生き物たちが、不思議なことをしながら生きている世界。
懐中時計を気にするうさぎ、トランプの兵隊、消えるネコetc...。
絵本で見たのか、そのイメージをくっきり思い出すことが出来ます。

でも、ストーリーは?というと、あまり覚えていなくて・・・。

この映画は、そんな”不思議の国のアリス”と、続編?の”鏡の国のアリス”の物語を元にして、
監督のティム・バートンが新たなファンタジーを創り上げたのだそうです。

だから、懐かしさと同時に、新たな驚きもある映画になっていました。

なんといっても、インパクト絶大なのは、”赤の女王”!!
あの頭でっかちの女王の姿は、すばらしく印象的です!!
彼女の残虐性を強調したエピソードが、もっとあれば、もっと楽しかった気がするけれど、ファミリー向けだからこの程度でしょうね(^^)。

その他、可愛くて、好きになったキャラクターは、チェシャ猫。
子供の時に見た時も、印象的なキャラだったけど、映画のチェシャ猫は、大きな口は不気味だけど、クネクネしていて、とっても可愛い〜(^^)。
それから、青い芋虫のアブソレム。キセルの煙プカプカ〜〜も、よかったな〜〜。

肝心の主演のジョニー・デップですが、私は、3Dの吹き替え版で見たので、彼の声を聞けたわけでもないし、メイクもコッテリだったので、あんまりジョニーを見ているっていう気がしなかったような・・・(^^;。

ストーリーは、特に目新しくは感じなかったけれど、映像的には、とても楽しめる映画でした(^^)。(2010,04,21)






シネマチェックトップへ