シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


オーディション      


2000年 日本
サスペンス   

<監督>三池崇史
<キャスト> 石橋凌 , 椎名英姫 , 國村隼 , 大杉漣 , 沢木哲 , 石橋蓮司 , 光石研 , 小日向文世 , 津田寛治,

<ストーリー>
7年前に妻を亡くした青山(石橋凌)は、一人息子(沢木哲)と淡々と日常を過ごしていたが、そろそろ再婚したいと思いはじめ、友人の発案で、映画のオーディションを開催して、そこから再婚相手を探そうとするが・・・。

<感想>
かつてタランティーノ監督が選んだ映画ベスト20の中の3位に入っていた作品です。
どこをどう探しても、DVDが手に入らず、レンタルもしていないので、見ることの出来ない幻の作品でしたが、なんとamazonのプライムビデオで発見!思わず、fireTVセットを買ってTV画面で見ることが出来ました!うれしい!!(^▽^)。

三池崇史監督だし、タラちゃんが押している作品なので、さぞ怖いのだろうと、予告編を見てみると、意外にも、静かな、物語のようでした。
そこで、本編。
本編も、最初は、静かで落ち着いた感じ。
映画のオーディションを開いて再婚相手を選ぶなんて!と思いつつ見ていましたが、そこに集まってくる女性の、キャラクターが、面白くて、ついつい見とれてしまいました。

そして、運命の糸で結ばれているかのように、引き寄せられたある女性。
彼女を巡る環境は、いかにもやばいのですが、一度魅入られてしまったら、どうにも引き返せなくなるのは、どんな恋愛でも一緒でしょうか。
しかし、恋に落ちら彼に待っていたのは、身の毛もよだつような、出来事でした・・・(^_^;。

さすがタラちゃんが選んだ作品でした。
終盤の凄惨さは、それまでの静かな映像から一転、身の毛がよだちました。
この映画のジャンルは、スプラッターホラーでしょうね。
私は、痛いのは苦手なので、見ているのが辛かったーーー(^_^;。
夜もなかなか寝られなくなるほどダメージを受けました(^_^;。

キャストは、三池崇史監督だけに、意外と豪華でした。
謎の女性役の椎名英姫は、静かな中に狂気を秘めて、終盤で一気に昇華しました。(2016,11,01)



シネマチェックトップへ