シネマチェックトップページ50音別indexア行index


女の子ものがたり      


2009年 日本
青春   

<監督>森岡利行
<キャスト>深津絵里 , 大後寿々花 , 板尾創路

<ストーリー>
36歳の漫画家・高原菜都美(深津絵里)は、スランプに陥っていた。そんなダメダメ状態の彼女に、新米編集者の財前(福士誠治)は「先生、友だちいないでしょう?」と言い放つ。そのおかげで、菜都美は、女の子だった頃の友だちとの毎日を思い出す・・・。

<感想>
先日鑑賞した、「いけちゃんとぼく」と同じく、今、公開中の映画「毎日かあさん」の原作者、西原理恵子の漫画が原作です。
彼女の自伝的な物語らしいですね。

それぞれ、家庭に問題のある女の子3人の成長と、友情の物語です。

学校や家庭でいろいろなことがあっても、小学生の時は、3人でいることが、ただ楽しく、過ぎてゆきます。
でも、高校生になっても、大人の女性になっても、なかなか幸せをつかめない彼女たち。
そして、幸せでない自分を、認めない彼女たち・・・。

なつみのお母さんがよく、「友だちを選びなさい」と、なつみに言っていたけれど、
子どもにとっては、この子と付き合えば、展望が開ける、とか、将来有利だなんて、考えないですよねーーー。
やっぱり自分と同じような境遇の子じゃないと、話も合わないし、感性も違って、楽しくない!

でも、お母さんのこの気持ちも、よく分かりました。
子どもには、誰よりも幸せになってほしい。それには、この環境から抜け出さないと・・・と言う親心でしょう。

彼女たちのように、親の都合や、環境で、辛い生活をせざるを得ない子どもたち。
でも、そんな子どもたちも、友達がいて、一緒に遊んだりする、キラキラした時間が絶対あるはずで、
その時間は、子ども時代を通り過ぎて、大人になって、ふと振り返った時に、より一層輝きを増す思い出となるに違いありません。
ケンカしたことも、そして、そのケンカの意味も、あとになって分かることだったあるのかも。

やっぱり、あの友だちだって、自分が幸せでないことぐらい、自分自身が一番分かってたんですね、本当は・・・。
切ないなぁ。

子どもから大人になる成長の物語なので、小学生時代、高校生時代の3人を、それぞれ2人づつの女優さんが演じていますが、全員、子役とよく似ていて、違和感がなくてよかったです。
大後寿々花→深津絵里は、ちょっと似てなかったけど・・・(^^;。

それにしても、原作は、相当な名作なようで、原作を読まれた方にとっては、この映画は、イマイチ、イマニ・・・のようです(^^;。
西原さんの作品は読んだことがないけれど、こりゃ、一度読んでみなくちゃダメだわね。(2011,02,11)






シネマチェックトップへ