シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


ヴェルサイユの宮廷庭師      


2014年 イギリス (A LITTLE CHAOS)
ロマンス   

<監督>アラン・リックマン
<キャスト> ケイト・ウィンスレット , マティアス・スーナールツ , アラン・リックマン , スタンリー・トゥッチ

<ストーリー>
女性造園家サビーヌ・ド・バラ(ケイト・ウィンスレット)は、ヴェルサイユ宮殿の庭園造りに参加しようと、庭園責任者のル・ノートル(マティアス・スーナールツ)の元へ面接に出かけるのだが・・・。

<感想>
ヴェルサイユ宮殿の庭園の中にある”舞踏の間”を作り上げたのが、女性造園家だったら・・・?という話です。こんな時代に、女性造園家がいたかどうかは大いに疑問ですが、もしいたとしたら、こんな物語があったかも?

ヴェルサイユ宮殿については、詳細を知らない事に気がついたので、ネットで調べてみました。
すると、やはり想像を遙かに超えた大きさと美しさ!
こんなものを作ったルイ14世の権勢たるやすさまじいです。

その中でも、異彩を放つのは、この映画の中心となる”舞踏の間”。
整然とした庭園の中で、この部分は、野趣溢れる空間となっています。
そんな、ちょっとした無秩序の感性が女性だったかもと想像すると、確かに楽しいかもしれません。

ただ、フィクションなので、何でもありだなぁと思ってしまうところが、ちょっと残念。
ノートルとのロマンスも、話の盛り上がりのためにとってつけたような感じで、違和感がありました。

主演は、ケイト・ウィンスレット。
美しさと華やかさを兼ね備えていながら、たくましさも感じる彼女は、この役にぴったりでした。
監督は、2016年1月に亡くなった名優アラン・リックマン。
この映画では、楽しそうにルイ14世を演じています。(2017,03,20)



シネマチェックトップへ