シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


王になった男     


2012年 韓国 (MASQUERADE)
歴史   

<監督>チュ・チャンミン
<キャスト>イ・ビョンホン , リュ・スンリョン , シム・ウンギョン

<ストーリー>
朝鮮15代目の王で暴君だった光海君(イ・ビョンホン)は、暗殺におびえ、自分にそっくりな男ハソン(イ・ビョンホン)を影武者として雇う。その後、光海君が、急な病に倒れたため、ハソンは、王の側近ホ・ギュン(リュ・スンリョン)の指導の下、王の代わりに政務を行うことになるが・・・。

<感想>
韓国の王朝歴史映画です。
昔、歴史ドラマ「チャングムの誓い」などを見ていたので、韓国の時代劇は、なにやら、とても懐かしく感じました(^▽^)。

ストーリーは、暗殺を恐れた王が、そっくりな男を影武者に仕立て上げる所から始まります。
この光海君という王は、実在した王なのだそうで、そこに、フィクションを加えて、面白いエンターテイメントになっています。

話としては、突っ込みどころも多く、いくら顔が似てても、それじゃバレるだろう!?(^_^;と思ったりしましたが、韓国お得意のコメディーテイストを加えた歴史フィクションドラマとして、笑ったり、ハラハラしたり、ドキドキしたり、そして、グッときたりと、楽しめました。

なにより、主演のイ・ビョンホンが、とてもよかったです。
私は、あの長い顔がネックになって、あんまり好きな俳優さんではないのですが、そんな彼が、時代劇のカツラをつけると、見違えるように、ぴったりでステキなんですね、これが(^▽^)。
王と、影武者の二役を見事に演じきっているところも、さすがでした。
ハソンの初登場のシーンは、王を風刺した踊りのシーンでしたが、一瞬、どっち?!と、思わすところが、またまたにくい演出?でした(^▽^)。

韓流にこだわりのない方なら、十分楽しめる映画かと思います(^▽^)。(2013,02,23)



シネマチェックトップへ