シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


青い塩      


2011年 韓国 (BLUE SALT)
ロマンス・サスペンス・犯罪   

<監督>イ・ヒョンスン
<キャスト> ソン・ガンホ, シン・セギョン

<ストーリー>
ヤクザの世界から足を洗ったドゥホン(ソン・ガンホ)は、いつか店を持つことを夢見て、料理教室に通い始める。そこで、彼は、料理教室には、そぐわない少女、セビン(シン・セギョン)と出会い、徐々に気を許してゆく。しかし、彼女の本当の目的は・・・。

<感想>
ソン・ガンホファンと見に行きました(^^)。
でも、公開館が少なく、公開日も、限られていたので、結構大変で、焦りました(^^;。
しかも、もう春休みに入っていたので、お子ちゃま向けの映画が多く、
プリキュアのコスプレをしている人たちもいて、映画館は、大騒ぎでしたーーー(^^)。

映画は、元ヤクザの男と、謎の少女の話です。

冒頭は、ヤクザの抗争風に始まるので、ちょっと緊張しつつ見ていました。
でも、主演のソン・ガンホが出てくると、空気が和みます(^^)。
彼のあの顔と、雰囲気、柔らかいですね〜。
韓国の名優ですから、シリアスな演技も、もちろんうまいのですが、
真剣なまなざしの中に、コミカルな面がひょんと現れて、ホッとさせてくれます。

彼の役は、ヤクザから足を洗ったにもかかわらず、人望があるというか、彼の業績が認められているというか、一目置かれている男。
そこに、ヤクザのボスの突然の死が絡んで、ドゥホンに、刺客の手が・・・。
彼自身は、もう足を洗ったわけなんだから、静かに、ほおって置く・・・というわけにはいかないもんなのでしょうかねぇ(^^)。

途中は、いろいろないきさつが、見え隠れしていて、ちょっと複雑なのですが、
要は、ソン・ガンホの命を狙うはずの少女が、彼と、心を通わせてしまうというお話です。

こういう役は、もう、ソン・ガンホの、独壇場です。
ぬぼーっとしているようでも、やるときゃやる男!
自分の命を顧みずに、大切な人を守る男です。
かっこいいねぇ(^^)。

ソン・ガンホの相手役は、華奢で、かわいいシン・セギョン。
初めて見る女優さんでしたが、韓国では、人気者のようで、とてもキュートでした。

元ヤクザの男が主人公でも、韓国版フィルム・ノワールではありません。
実は、甘甘のロマンス映画だったりするんですね〜、コレが(^^)。
でも、ソン・ガンホが演じると、こんなストーリーでも、許せちゃいます(^^)。
犯罪現場では、あり得ないようなシーンが多々あったりしたので、映画を見た後は、その辺りを、ツレと、大いに突っ込みを入れて、再度、楽しみました(^^)。

また、監督が「イルマーレ」のイ・ヒョンスンなので、ロケーションが、とても美しく印象的でした。(2012,03,25)



シネマチェックトップへ