シネマチェックトップページ50音別indexア行index

ウォンテッド      


2008年 アメリカ アクション・スリラー   

<監督>ティムール・ベクマンベトフ
<キャスト>アンジェリーナ・ジョリー , ジェームズ・マカヴォイ , モーガン・フリーマン , テレンス・スタンプ , コンスタンチン・ハベンスキー , クリス・プラット , トーマス・クレッチマン

<ストーリー>
自分の人生全てにうんざりしていたウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、ある日、彼の父親を知るという美女、フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)に出会ったとたん、激しい銃撃戦に巻き込まれ、気を失う。気がついた時、彼は、怪しげな人のたむろする場所にいて、自分の父親が神に認められた暗殺者であり、彼がその後継者だと知らされる。こうして彼は、暗殺者になるために過酷な特訓を受け入れることになる・・・。

<感想>
ロシア映画の「ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR」「デイ・ウォッチ」の監督、ティムール・ベクマンベトフ作品です。いかにも彼らしい映像美に酔いしれました(^^)。
やっぱりこの映像をハリウッドがほおって置くわけないですよね〜〜(^^)。

ストーリーは、簡単で分かりやすいです。
暗殺のプロ集団のボスが裏切りによって殺され、その後継者である息子を特訓して暗殺者に仕立て上げ、裏切り者を始末しようというもの。
その息子は、父親が暗殺者であることを知らず、自分が生まれて7日目に父親がいなくなったことだけを知らされているわけで、本人は、ウダウダと上司に不満タラタラの普通のサラリーマンであるところが、また面白いです。
そんな彼が、突然、最高のテクニックを持つ暗殺のプロ集団に拉致され、死ぬほどの特訓を受けるのです。

冒頭の、クールな暗殺者である美女=アンジェリーナ・ジョリーと、オタオタした、凡人のサラリーマン=ジェームズ・マカヴォイとの対比が、最高に面白いです。
ふたりとも、やっぱり演技がうまいですね〜〜、とっても楽しめました(^^)。

そして、なんといっても、このスタイリッシュな映像のかっこいいこと!
速度を速めたり、スローにしたり、その視覚効果は抜群でした。

般若メイクのアンジェリーナ、かっこいい〜〜!!
ちょっと情けない、ジェームズ・マカヴォイ、可愛い〜〜!!。
DAIGOのしょーもないTVCMを忘れることが出来て何よりでした(^^)。

あぁ、あの、疲労回復効果抜群のお風呂に浸かりたい〜〜(^^)。(2008,09,24)



シネマチェックトップへ