シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


ウィンターズ・ボーン      


2010年 アメリカ (WINTER'S BONE)
   

<監督>デブラ・グラニック
<キャスト>ジェニファー・ローレンス , ジョン・ホークス

<ストーリー>
アメリカ・ミズーリ州の寒村で、家族と暮らしている17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)の元に、保安官がやってきて、自宅を差し押さえると言われる。逮捕された父親が家を担保に保釈金を払ったのだ。リーは、家を取り戻そうと父親を探すため、知人を訪ね歩くが・・・。

<感想>
いまやアカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」でブレイクする前に主演し、高評価を得た作品です。

父親は麻薬密売に関わり逮捕され、土地と家を担保にして保釈され、今や失踪中。
母親は、精神を病んで何も出来ず、幼い弟妹の母親代わりとなっているリーは、まだ17歳。
毎日の食事にも事欠くような極貧の生活で、親切な隣家に何かと助けて貰っている様子。
そんな時に、土地建物を差し押さえるという通知が来て、リーは、日頃は疎遠の親戚を訪ね歩く・・・。

というような話ですが、背景の説明が全く無く、じっくりと映画を見ている内に、だんだんと、彼女の家の事情が見えてくるような映画でした。

また、彼女が訪ねていく親戚たちというのが、強面(こわもて)で暴力的で、いったいこれは・・・?と、違和感を感じたのですが、話が進むにつれて、彼らの本当の恐ろしさが骨身にしみるような展開になってゆきました。

寒々とした寒村で、頼るものもなく、家を追い出されそうになる一家を支えるのは、まだ17歳の彼女だけなのでした。
映画は、淡々と彼女の行動を追い続け、大きな盛り上がりもなく、進んでゆきますが、 強くなければ、生きていかれない世界に住む彼女の凜とした姿が目に焼き付きました。

注目のジェニファー・ローレンスは、しっかり者の娘を、まさにしっかりと演じていて好演でした。
彼女は、この作品で、アカデミー賞など数多くの賞にノミネートされ、もしくは受賞しています。(2015,07,05)



シネマチェックトップへ