シネマチェックトップページ50音別indexカ行index 


コンテイジョン      


2011年 アメリカ (CONTAGION)
SF・スリラー   

<監督>スティーヴン・ソダーバーグ
<キャスト> マリオン・コティヤール, マット・デイモン, ローレンス・フィッシュバーン, ジュード・ロウ, グウィネス・パルトロー, ケイト・ウィンスレット, サナ・レイサン, ジョン・ホークス, エリオット・グールド, ブライアン・クランストン

<ストーリー>
香港からの出張から帰ってきたベス(グウィネス・パルトロー)は、体調不良を訴え、その二日後、激しい痙攣を起こして、死亡してしまう。同じような症状の患者が、世界各地で確認され、その伝染経路、ウィルスの特定、そして、ワクチンの開発が急がれるが・・・。

<感想>
ソダーバーグ監督作品らしく、豪華キャストのわりに、派手さはなく、淡々と、ドキュメンタリー風に、映画は進みます。
でも、そのため、とてもリアルで、怖ろしかったーーー(^^;。

この映画を見てしまうと、今一番怖ろしいのは、テロでも、天変地異でも、地球外からの攻撃でもなく、変異したウィルスかもしれないと思えてきます。

いつどこで、未知のウィルスが発生するのか予想できず、もちろん姿も見えず、そして、爆発的な流行を誘引し、さらにそれが、致死率の高いものだったら、人類の勝ち目はないような気がします。

人類にできることと言えば、ただ、そのためのワクチンを急いで作ることぐらいですか。

でも、ウィルスの怖さを知っている専門家でさえ、その驚異からは、逃れることができないのだから、
何も分からない私たちは、自衛のために、ただただ、食料を買い込み、自宅に引きこもっていることしかできません。とはいえ、何ヶ月も家にこもっているだけというわけにもいかないし・・・。

そして、怖いのは、ウィルスだけでなく、デマや、略奪や、パニック。
全てが落ち着いたあとにも、ワクチンの副作用とかも怖いし・・・。
映画は、それら全てのことを描いていて、見ているだけで、暗澹としてしまいました。

キャストは、それぞれ、抑えた演技で、リアルに演じていましたが、その中でも、予告編でも流れていた、グウィネス・パルトローの演技は、迫真でしたーーー(^^;。
怖いよーーー(T_T)。

映画の中で、「顔を触らないで!」というセリフがあるのですが、そういわれると、かえって、顔が気になってしまったり、
また、帰りの電車では、他の人の咳やくしゃみ、そして、普段平気で触っている、つり革、手すりなどが、大いに気になってしまいましたーー(^^;。

こういうのを見ると、ゾンビなんて、噛まれさえしなければ、感染しないんだから、全然怖くないわよね〜〜(^^)。(2011,11,12)






シネマチェックトップへ